HOME » これで納得!ダイエットの基礎知識 » ダイエットとカロリーの関係

ダイエットとカロリーの関係

効率よくダイエットをするために覚えておきたい、カロリーとダイエットの関係性について解説しています。

気になるダイエットとカロリーの関係性とは?

「カロリーはダイエットの天敵」と思っている人は多いと思います。確かに、カロリーとダイエットはまったく無関係とは言い切れません。食べ過ぎて消費カロリー < 摂取カロリーになってしまえば、誰でも確実に太ってしまいます。

しかし、だからといって食事からカロリーだけを減らすのはダイエット的にNG。カロリーを摂らなすぎるとエネルギーを生成・燃焼しにくい身体になってしまい、逆にダイエット効果が見られなくなってしまうのです。

栄養バランスが偏るとダイエット効果がダウン!?

効率よく健康的にダイエットを進めるには、栄養バランスの取れた食事が必須。早く体重を減らそうと低カロリーの食材(野菜・海藻・キノコ類など)ばかりを選び、たんぱく質・脂質の摂取量が減ってしまうと、体内で脂肪を燃やす力がどんどんダウンしてしまいます。

栄養素というのは、それぞれが個々の働きを補完しあったり・高め合うことでさまざまな機能を発揮するものです。とくに脂肪が燃えやすく代謝のよい身体を作るには、エネルギー源となる三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)に加え、ビタミン・ミネラル・食物繊維などをバランスよく摂取することが不可欠。

そのバランスが崩れるとダイエットに必要な機能も当然のごとく低下、やればやるほどダイエット失敗に繋がってしまいます。

カロリーばかりを気にしてストレスを溜めるのもNG

低カロリーの食材は血糖値がすぐに下がってしまうため、食べてもすぐにお腹がすいてしまうのが特徴。空腹を感じている時間が長くなり、常に食べ物のことばかりを考えてストレスが溜まってしまう・・・なんて人も多いのではないでしょうか。

実は、このストレスもダイエットを失敗させるもと。ストレスが蓄積するとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されやすくなり、過剰に糖質や炭水化物を身体が要求し出すのです。これがドカ食いに繋がり、ダイエット失敗に陥る原因となります。

ずぼら女子必見!食べて痩せるおすすめダイエットサプリをチェック>>

カロリーの摂り方を考えよう

ダイエットを成功させるには「いかにカロリーを抑えるか」を考えるより、「どんなものでカロリーを摂るか」が重要です。菓子パン1個で500kcalを摂取するより、ヘルシーな和食(ごはん・汁物・副菜)で500calを摂取した方がダイエット的観点からしても有益。

和食の方が栄養価も高いですし、良く噛んで食べるため満腹感も得やすくなります。栄養バランスの整った食事をすると身体がムリな要求をしなくなるので自然と間食も減りますし、ストレスも溜まりにくくなるのでオススメです。