HOME » これで納得!ダイエットの基礎知識 » 効果的なダイエットとは?

効果的なダイエットとは?

最も効果的なダイエット法とはどのようなものか、分かりやすくまとめています。

本当に効果的な正しいダイエットとは

本当に「効果的なダイエット」とは、「正しいダイエット」のこと。間違えた方法でダイエットをすると逆に痩せにくい体質になってしまったり、リバウンドを繰り返す結果となってしまいます。正しいダイエット法の知識を身につけ、効果的にダイエットを進めましょう。

きちんと食べて美しく痩せる

ダイエットの基本は「食事」ですが、ただやみくもに摂取カロリーを減らすのは逆効果。カロリーを減らしすぎると代謝効率が悪くなり、カロリー消費・脂肪燃焼をしにくい痩せにくい体質になってしまいます。効果的にダイエットをするには、きちんとした食事をきちんと摂ることが重要なのです。

ずぼら女子必見!食べて痩せるおすすめダイエットサプリをチェック>>

食べる順番に気をつける

ごはん・パン・麺類といった炭水化物を食事の最初に口にすると、血糖値が一気に上昇して脂肪を蓄えやすくなります。炭水化物を食べるのは「食事の最後」が原則。まずはサラダやおひたしなどの野菜、次に肉・魚などのたんぱく質を食べると、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

GI値の低い食品を選ぶ

GI値とは血糖値の上昇スピードを表す指標で、数字が高いほど血糖値が上がりやすくなります。ダイエットをする際はGI値の低い玄米・全粒粉・海藻・魚介類・赤身肉・野菜(じゃがいも・ニンジンなどは高GI値)を選ぶようにするとよいでしょう。

GI値が低い食材は噛みごたえのある食材が多いため満腹感を得やすく、栄養価も高いのが特徴。ダイエットには最適です。

栄養バランスに気を配る

カロリーやGI値に気を配ることも大切ですが、最も重要なのは栄養バランスです。代謝がよく脂肪が燃焼しやすい身体を作るには、エネルギー源となる三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)に加え、ビタミン・ミネラル・食物繊維などをバランスよく摂取することが不可欠。

炭水化物を抜いたり1品ダイエットなどで栄養バランスが崩れると身体の機能が低下し、痩せにくい体質になってしまいます。

運動はムリなく適度に

ダイエット中の運動には筋肉をつけて基礎代謝を高める効果と、体脂肪を燃焼させる効果があります。筋肉をつける「無酸素運動」と脂肪を燃焼させる「有酸素運動」を組み合わせて行うと効果的ですが、ムリなプログラムを組んでも長続きせず、ストレスが溜まるばかり。

無酸素運動にしろ有酸素運動にしろ、ダイエットで効果を得るためには適度な運動を長く続けていくことの方が重要なのです。

では、適度な運動とはどれくらいの運動を指すのでしょうか?医学的な定義では「心拍数が激しくならない程度で定期的に続けられ、うっすらと汗がにじむくらいの運動」とされています。

ウォーキングなら、人と話しながら歩けるくらいの強度で時間としては30分~1時間。サイクリングなら、ウォーキングよりも少し早いくらいのスピードで20分程度です。

毎日続けた方が効果的ですが、忙しい場合は週2回でもいいのできちんと継続することが大事。エスカレーターを避けて階段を使うようにしたり、踏み台昇降運動やストレッチを家の中でするなど、身体を動かす工夫をしてみましょう。

ちょっとした心がけで、ダイエット効果はグンと高まりますよ。