太る食べ物

ダイエット中は極力避けたい「太る食べ物」と、太る理由についてまとめました。

知っておきたい!太る食べ物ガイド

ダイエットを進めるにあたって、「太る食べ物」を把握しておくことがとても重要。ダイエット中は極力避けたい太る食べ物を以下にリストアップしてみましたので、ぜひ参考にしてください。

菓子パン

手軽に食べられる菓子パンですが、これらの原料は糖質と脂質。急激に血糖値が上昇し、急激に下降するのが特徴で、すぐに空腹になるためたくさん食べてしまいやすいのです。高カロリーなのでいくつも食べてしまうと「消費カロリー<摂取カロリー」になってしまい、太りやすくなるので注意が必要です。

洋菓子

ケーキ・クッキーといった洋菓子も、糖質・脂質を大量に含んだ太る食べ物の代表格。菓子パンと同じく急激に血糖値が上昇して下降しますし、バターなどの脂質もたっぷり使われているので高カロリーで非常に太りやすい食べ物です。あまり噛まずに食べられるものが多いので、カロリーの割にはほとんど満腹感が得られないのもデメリットですね。

清涼飲料水

ジュースや炭酸飲料などの清涼飲料水は、ほとんどが砂糖でできています。酸味料などを使って口当たりを良くしているため甘味を感じにくいこともありますが、砂糖の含有量は相当なものです。

「カロリーゼロなら大丈夫なのでは?」と思うかもしれませんが、人工甘味料でも肥満ホルモンであるインスリンが分泌されると言われています。飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

ラーメン

ラーメンの原料は、糖質+脂質+塩分。どう見ても太る食べ物です。とくにラーメンは塩分が高いため、摂りすぎるとむくみの原因となって代謝がダウン。糖質・脂質で上昇した血中の中性脂肪を分解・排出できなくなり、太りやすくなってしまいます。

もちろんときどきラーメンを食べるくらいならいいですが、チャーハンやビールを一緒に食べるなどの行動は避けた方が良いでしょう。

ずぼら女子必見!食べて痩せるおすすめダイエットサプリをチェック>>

ファストフード

ハンバーガー・ホットドッグ・フライドチキンなどのファストフードは、ラーメンと同じく糖質・脂質・塩分でできています。ほとんど栄養がないわりに高カロリー、しかもほとんど噛まずに食べられるため、ダイエット中の食べ物としては極力避けたいものです。

揚げ物

から揚げ・天ぷら・フライなどの揚げ物は、すべて太りやすい食べ物と思って良いでしょう。揚げ物は衣に小麦粉・パン粉などを使っていますし、油で揚げるため脂質を思った以上に含んでいます。

揚げ物が食べたいときは、ヘルシーな油(オリーブオイル・キャノーラ油など)を使って素揚げにしたり、少量の油で揚げ焼きにすると◎。