HOME » これで納得!ダイエットの基礎知識 » 痩せる習慣をつけよう

痩せる習慣をつけよう

ダイエットの効果とモチベーションの維持に役立つ、痩せる習慣についてまとめました。

ダイエットを成功へと導く「痩せる習慣」とは

ダイエットはライフスタイルに影響されやすいため、「痩せる習慣」をつけることが成功への近道。ちょっとした心がけでダイエット効果がグンと高まることもあるので、ぜひ以下の習慣を取り入れてみてください。

朝起きたらすぐにストレッチ!

起床後の身体は、血行が悪くなっていて代謝も落ちています。血圧や体温も低く、「なかなかヤル気が起こらない」という人も多いのではないでしょうか。そこでオススメなのが、朝起きてすぐにストレッチをすること。

手や足を伸ばす、肩や首を回して固まった筋肉をほぐすなど、簡単なものでOK。血流が改善されて体温が上がり、代謝もアップ!朝から活発に動けるようになるため、消費エネルギー量が多くなって痩せやすくなります。

水分を摂る

人は寝ている間も汗をかくため、起床後の身体は水分不足。この水分不足も、基礎代謝を低下させる原因の1つです。これを解消するには水分の摂取が必須ですが、冷たい水を飲むより「白湯」を飲んだ方が◎。

水分補給と同時に身体を温めることができるため、効率よく代謝を上げることができるのです。白湯は、体温に近い温度のものをゆっくりと摂るのがポイントです。

体重計に乗る

痩せる習慣づくりに欠かせないのが、「体重計に毎日乗る」という習慣です。体重の変動を正確に把握するには、起床後5分以内に体重を計るようにすることが大事。このタイミングだと、体重・体脂肪率の急激な変化がないからです。

体重の推移をしっかり把握することは、ダイエットのモチベーションを維持するのに役立ちます。ストレスなどと思わず、楽しみながら測定しましょう。

朝食をきちんと食べる

ダイエットとして朝食を抜く人も多いですが、朝食を摂ることで人の身体は「活動モード」へと切り替わります。当然代謝も上がり、体温もアップ。便通もよくなりますし、その後の仕事や家事などでの消費エネルギー量も多くなりダイエットに好影響です。

朝食は簡単なもので構いませんが、「野菜+炭水化物+タンパク質」を意識するとより効果的。痩せる習慣として、朝食をしっかり食べるようにしてください。

意識的に身体を動かす

仕事や学校などで本格的な運動ができなくても、身体を動かそうと意識するだけでもダイエット効果は上がります。エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使う、通勤・通学のときの歩行スピードを速くしたり距離を伸ばす、空いた時間につま先立ちをしたり腹式呼吸をする、などです。

こまめに身体を動かすことで消費エネルギー量を増やすことができるため、徐々に痩せやすい体質へと近づいていきます。

冷えを防止する

人の身体は、体温が1℃低いだけで基礎代謝は12%もダウン。そのため、痩せる習慣づくりに冷え対策は欠かせません。バランスの良い食生活・運動習慣はもちろん、入浴で体を芯から温めることも重要です。

生姜などの身体を温める食材を取り入れたり、お腹にカイロを貼ってみるなど、さまざまな冷え対策を取り入れてみてください。

ずぼら女子必見!食べて痩せるおすすめダイエットサプリをチェック>>