チアシード

話題のスーパーフードであるチアシードを利用したダイエット法と、口コミ評判をご紹介しています。

チアシードの特徴

チアシードとは、中南米で栽培されているシソ科ミント系サルビア属の植物。古代マヤ・アステカ時代から利用されている栄養価の高い食べ物で、ミラクルシードとも呼ばれています。見た目は1粒2㎜程度の小さなゴマのようですが、水分を含むとどんどん膨らむ性質を持つのが特徴です。

チアシードには色の白い「ホワイトチアシード」と黒い「ブラックチアシード」があり、含まれている栄養素はどちらもほぼ同じ。しかし、膨張率が異なります。ブラックチアシードの膨張率は約10倍ですが、ホワイトチアシードは約14倍も膨張するのです。ダイエットで利用するなら、断然ホワイトチアシードをおすすめします。

チアシードダイエットの方法

チアシードの摂取量は、大さじ1杯が目安。無味無臭なのでどんな食材とも合わせやすいですが、一般的にはヨーグルト・スムージー・ドレッシングなどに用いられているようです。チアシードは水に浸して12時間以上置き、しっかりと膨張させてから使用するのがポイント。水で戻さないと発芽毒がお腹の中で発生し、体に害を及ぼすこともあります。

また、戻すときはお湯ではなく必ず「水」を使うこと。チアシードの構成成分は食物繊維40%・必須脂肪酸30%・たんぱく質20%となっているため、お湯を使うと栄養成分が流出してしまうのです。

さらに、摂取量を守ることも大切です。チアシードは食物繊維が豊富なので摂りすぎるとお腹が緩くなったり、腸の水分を吸収しすぎて便秘になる可能性もあります。

チアシードダイエットの効果

しっかりと膨張させたチアシードは腹持ちを良くする効果があるため、食事と一緒に摂ると満腹感が長続きします。摂取するタイミングは、食事の20分前までがベター。胃の中で水分を吸収して膨張し、空腹感をほどよく抑えてくれるため、食べ過ぎを防ぐことができるのです。さらに、食物繊維豊富なチアシードを食前に摂ると血糖値の上昇が抑えられ、脂肪が蓄積しにくくなるというメリットもあります。

また、チアシードの周りにあるジェル状のものは「グルコマンナン」と呼ばれる水溶性の食物繊維ですが、これは体内で消化できない食物繊維。吸収されずに他の老廃物と一緒に体外へ排出されるため、便秘解消・デトックス効果も期待できます。

運動せずに痩せられる楽ちんダイエットとは?体験レポートをチェック!>>

使用者からの口コミをチェック!

  • 昼食のときにチアシードを入れたスムージーを飲んでみたところ、お腹がすかなくなって間食を減らすことができました。プルプルしていて食感が楽しいし、少量で効果があるのでコスパ的にも助かっています。
  • お水で戻したチアシードを酵素ドリンクに混ぜて飲んでいます。飲んでから少し経つとお腹で膨らんでくるので、ゴハンやお菓子を食べたいという気持ちが抑えられますね。使用前にくらべると5キロくらい体重も減りました。
  • チアシードを混ぜると腹持ちが良くなり、そんなに食べなくてもすぐお腹がいっぱいになります。ムリなく食べる量を減らすことができ、着々と体重も減っていきました。長年悩んできた便秘も解消され、いいことずくめです!