HOME » 話題のダイエットの真実 » メディカルダイエット

メディカルダイエット

医師の診察・管理のもとで行われるメディカルダイエットの特徴と、メリット・デメリットについて解説しています。

メディカルダイエットとは?

メディカルダイエットとは、医師の診察・管理のもとで行う専門的なダイエットプログラム。肥満外来・ダイエット外来といった名称で呼ばれることもあります。

メディカルダイエットではまずカウンセリングを行い、患者の身体状況・体質・食生活などの生活習慣をチェック。改善点を明確にし、最も効果的なダイエット方法を提案していきます。

メディカルダイエットには「美容を目的としたもの」と「成人病等の病気を予防するための肥満改善を目的としたもの」の2種類があるので、目的に合わせてクリニックを選ぶことが大切です。クリニックによってダイエット方法・治療法・使用する薬剤には違いがあるので、内容をしっかり確認しておきましょう。

メディカルダイエットの方法

メディカルダイエットの主な方法をご紹介します。

肥満治療薬

食欲抑制剤(サノレックスなど)や脂肪吸収抑制剤(ゼニカルなど)を用いた治療法です。患者それぞれのケースに合わせて、適切な薬剤が処方されます。

メディカルダイエットで良く使用されているのは、安全性が高くダイエット効果も高いゼニカル。ただし薬剤ばかりに頼りすぎないよう、行動療法と併用するのが一般的です。

行動療法

医師や管理栄養士の指導をもとに、食習慣・運動習慣を中心とした生活態度を改善していく方法。正しい知識をもって食生活の乱れを正し、ダイエット効果が期待できる理想的な食生活にシフトしていきます。

個人差はありますがすぐに効果が出るものではなく、根気強く進めていく必要があります。

手術療法

行動療法や薬物療法では改善が困難とされる、病的肥満や高度肥満に対して適用される方法。主な目的が減量の場合の手術適応条件は、BMI35以上であることとなっています。

手術療法で一般的に行われているのは、胃の縮小手術。胃を切除して小さくすることにより、食事の摂取量を制限することを目的としています。

メディカルダイエットのメリット・デメリット

メディカルダイエットのメリットとして最初に挙げられるのは、ダイエットのすべてを医師が指導・管理してくれること。極端な食事制限などで健康を損なうリスクが低く、安全にダイエットを遂行できます。

また、自分が太る原因や体質なども理解できるため、リバウンドや過食症・拒食症になる危険もほとんどなし。さまざまなダイエットで失敗してきた人は、ぜひ検討してみると良いでしょう。

デメリットとしては、効果が出るまでに時間がかかるということ(個人差はありますが、基本的には6ヵ月ほどのプログラム)。脂肪吸収抑制剤のサノレックスなどは依存性が見られることもあるため、使用できるのは3ヵ月が限度です。

それ以上の服用を希望する場合は最低でも1ヵ月の休薬期間を設け、新たにプログラムを組み直します。また、高度肥満で健康保険が適用されれば費用はさほどかかりませんが、それ以外は自由診療。

クリニックによって費用は異なりますが、数万~数十万円が必要です。

ずぼら女子必見!食べて痩せるおすすめダイエットサプリをチェック>>