HOME » 話題のダイエットの真実 » シリコンバレー式ダイエット

シリコンバレー式ダイエット

話題の最新ダイエット法、シリコンバレー式ダイエットの概要と方法についてまとめました。

シリコンバレー式ダイエットとは?

シリコンバレー式ダイエットとは、アメリカの実業家デイヴ・アスプリー氏によって提唱されたダイエット法です。

シリコンバレーで成功したデイヴ氏は140㎏の自分の身体を実験台とし、15年間で30万ドル(約3,400万円)を投資して世界中のあらゆるダイエット法を研究。

その集大成を「完全無欠ダイエット」という書籍として出版、アメリカのセレブ・ハリウッドスターなどが実践していることで話題を集めています。

デイヴ氏によって提唱された完全無欠ダイエットを正しく実行すれば、1日0.5㎏ずつ減量できるだけでなく、身体のパフォーマンス・回復力・集中力までもが驚異的にアップすると言われています。

シリコンバレー式ダイエットの方法

シリコンバレー式ダイエットの方法を、以下にまとめてみました。

脂肪と野菜を中心に食べる

「完全無欠ダイエット」では、1日の摂取エネルギーの50~70%を脂質から摂るよう勧めています。この場合の脂質とはヘルシーな油で、推奨されているのはバターやココナッツオイル。

これらは中鎖・短鎖脂肪酸が豊富で、エネルギーが身体に蓄積されにくいという性質を持つからです。

とくにグラスフェッドバター(オーガニックの牧草で飼育された牛乳を用いた無塩バター)とMCTココナッツオイル。MCTとは中鎖脂肪酸のことで、MCTココナッツオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルとなっています。

脂質のほかには野菜もたっぷり摂取するようにします。種類としては、アスパラ・アボカド・ブロッコリーが◎。

トマト・ナス・じゃがいも・ピーマンなどは、人にもよりますがアレルギーが起こりやすいため避けた方が良いそうです。野菜は生で食べるより、ホットサラダや炒め物などがおすすめ。

朝食は「完全無欠コーヒー」のみ

シリコンバレー式ダイエットでは、朝食の代わりに完全無欠コーヒー(Bulletproof Coffee)を飲むのが特徴。良質の豆を使ったコーヒーに、グラスフェッドバターとMCTココナッツオイルをそれぞれ大さじ1~2杯を加えたもの。

このコーヒーを毎朝飲むことで脂質をエネルギーに変える効果がアップし、痩せやすい身体を手に入れることができるとのことです。また、頭の回転を良くする働きもあるので、朝に飲むと1日のパフォーマンスが良くなるという効果も。

炭水化物は夜に摂取する

ごはんなどの炭水化物は、夜に摂るようにします。身体をリラックスさせて良質な睡眠へと導くセロトニンという神経伝達物質は、でんぷんと糖によって生成されるもの。

エネルギーレベルを低下させるものなので、ハイパフォーマンスが必要となる日中に摂るより睡眠前に摂取した方が効率が良いとの考え方です。また、夕食は昼食から6時間以内に食べるのが原則です。

シリコンバレー式ダイエットのメリット・デメリット

シリコンバレー式ダイエットでは、食べるものやタイミングに留意すれば基本的には何を食べてもOKです。デイヴ氏の著書で紹介されている方法通りにダイエットを遂行できれば、体重は1日につき0.5㎏減っていくとされています。

ちなみにダイエットにつきものの運動ですが短時間で十分とされており、これは「過剰な運動は体重を増やす原因となる」という事実によるもの。20分以上の運動はNGで、回数も月4回ほどでOK。

運動法として推奨されているのは30秒全力疾走したら90秒休むという高強度インターバルトレーニングで、心肺機能を高めるのに役立ちます。

しかし、シリコンバレー式ダイエットの本を読むと分かりますが、食べていい食材と避けた方がいい食材がかなり細かく指定されているため、心配なのは栄養バランスの偏り。

スタート当初は体重が減るかもしれませんが、朝食の代わりにバターコーヒーでは栄養素不足を補うことは難しいでしょう。

ずぼら女子必見!食べて痩せるおすすめダイエットサプリをチェック>>